2011年06月08日

なぜコーチングが必要か?

さて、前回に引き続きコーチングのことについて書いていきますニコニコ

なぜコーチングが必要か?ということでいきます。

よく間違われるのは、

『コーチング≠カウンセリング?』

というものですクローバー

私自身コーチングとカウンセリングの違いが最初はっきりしませんでした。

まずは目的の違いがあります。

カウンセリングは癒し・治療が目的です花まる

コーチングは目標達成に焦点を当てますキラキラ

・上手に子育てしたい

・夫婦関係を良くしたい

・スポーツで望む結果を得たい

・上司、部下との関わりを良くしたい



など、コーチングとは様々な分野で活かせる対人支援技法です。

その人の望む方向へ、望む場所へ導き、

その人の能力、可能性を引き出してあげるのがコーチングです。

親子の関係、会社での上司と部下、学校の先生と生徒、

様々な場面で大きく関係性の変化が起きています。

有無を言わせず子供の道を親が決める、

先生が拳骨をすれば生徒がおとなしくなる、

上司は厳しく部下を育てる、

という時代は良いか悪いかわかりませんが、終わったのです。

新卒就業者が3割を超える確立で入社後すぐに退社している、

こんなの少し前の時代では考えられなかったことです。

自分に合っていないと判断して簡単に辞めちゃいます。

こんなことがおきるんであれば、上司は簡単に怒れません。

でも教育しなきゃ…

と悩んでいる会社がほとんどです。

コミュニケーションが希薄になっている現代、

コーチング技術はどんな分野においても不可欠なものになりつつあります。



Posted by パソコンくらぶONE at 14:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜコーチングが必要か?
    コメント(0)